now loading

引っ越しガイド

引っ越しが決まったら、大事な手続きや手順を忘れないようしっかり準備しましょう!

~1ヶ月

引越し業者選び らいふアートなら引越し50%OFF 引越し業者は数社に見積もりをお願いし、価格やサービスを比較検討して選択しましょう。
現在の家や駐車場の解約 多くの契約では、1ヶ月前の解約日割りが発生するので確認が必要です。
固定電話・
インターネットの引っ越し
引越し先でもすぐに使えるように準備をしましょう。インターネットはマンション全体で契約しているケースもあるので見直してみると、もっと安くなるかも…?
荷物の断捨離 荷物の量によって引越費用は大きく変わるので不要な荷物は前もって片付けておきましょう。

2週間前~1週間前

転居の届け出 転居に必要な手続き、届け出をしましょう。
  • 役所への転出届の提出・国民健康保険証の返納※14日前から受付
  • 郵便物の転送依頼
  • 勤務先への通知
  • 転居あいさつ状の準備
インフラ関係の届け出
電気
停止と新居での開始をスムーズにしておきましょう
ガス
立ち会いが必要な場合もあるので早めに予定を調整しましょう
水道
連絡を忘れると料金が余分にかかることもあるので注意しましょう
新聞
引き続き購読する場合は住所変更を行っておきましょう
不用品の処理 不用品回収、粗大ゴミ収集の手配をしましょう。引越しは不用品整理の絶好の機会!出来るだけ処分して新居ではスッキリ生活をスタートしましょう。

1週間前~前日

家電準備 家電の使用状況を考慮して準備をしましょう。
  • パソコンデータのバックアップ
  • 洗濯機の水抜き
  • 冷蔵庫内の整理(前日までに庫内を空にし、コンセントを抜く※水漏れ防止のため)
  • 家電製品のケーブル・配線まとめ
  • 家電製品のリモコン所在確認
郵便局転送の手続き 希望日は早めに確保しましょう。
日用品の荷造り 引越し当日に向けて直前に詰めるもの以外は梱包しましょう。忙しいという方には梱包オプションをつけると当日が楽になります。
直前確認 引越し当日の手持ち品を確認、準備しましょう。
(現金・カード類・印鑑・通帳・携帯電話・化粧品・薬・着替えなどの必需品)

当日までに

電気のブレーカーを上げ、ガスの開栓を行いましょう。
事前に予約した時間に係員が開栓しますので立ち会いが必要です。

失敗しない荷造りのコツ

使わないものから荷造り

日頃使わないものや季節外の衣類から荷造りを始めます。食器や洗面具、衣服、掃除用具など当日まで使うものや転居先ですぐ必要になるものは最後に荷造りし、すぐ取り出せるようにしておきます。

段ボール箱の使い方

軽いものは大きな箱に、重いものは小さな箱に。本などの重いもの用の箱の底には、ガムテープを十字に張ります。

部屋ごとに箱詰め

転居先の部屋ごとに荷造りすると便利。箱には運び込む部屋名と、中にどんなものが入っているかできるだけ具体的に記入しておきましょう。

食器の包み方・詰め方

梱包用の新聞紙はクシャッと丸めてシワをつくって使います。それを緩衝材として箱の底に敷き、食器は1つずつ丁寧に新聞紙で包みます。お皿・グラスは立てて、カップや茶碗は伏せて入れます。大きく重いものから順に入れ、軽いものは上に。詰めすぎないのがコツです。重心が片寄らないようにし、食器が中で動かないように丸めた新聞紙ですき間を埋めます。また、「ワレモノ」と表示し、最上段に積むようにしましょう。

ビン類の荷造り

あらかじめ段ボール箱のフタが閉まらないようにガムテープで固定します。栓を閉めて梱包したビン類を立てて入れます。すき間があるようなら、丸めた新聞紙で固定しましょう。

かさばるものの荷造り

ぬいぐるみや電化製品など、大きな荷物はフタが閉まらなくても大丈夫。できるだけ段ボール箱に入れて運びます。

らいふアートのプロにおまかせお部屋探し